女性に立ちはだかるハードル

仕事にまつわる悩みはみんなが持っているものですが、特に男性に比べて女性は働くことにハードルを感じやすいようです。男性との待遇や仕事内容の差もその問題の一つです。

同じ仕事をしていても、男性と評価や昇進に差がつくという事もあります。理不尽に男女差が大きい場合は交渉してみることも必要です。しかし、そのような職場は昔の体制を引きずっている可能性が高く、すぐに改善されることは難しいため、早めの転職を考えておいた方がいいでしょう。

また、女性は結婚や出産などによって仕事から離れる時期もあるでしょう。そのような状況で退職を勧奨されたり、同僚とのトラブルによって退職せざるをえなかったりというケースもあります。仕事を続けたいならば、出産育児に使える休暇の制度があるかを早めに調べておいたり、前もって同僚に協力してもらえるような根回しをしておくという事も大事になります。こうした準備をしておくことで将来の不安を大きく減らすことが出来ます。

また、女性が仕事を続ける上で、実際に経験者の話を聞いてみることも重要です。結婚後も仕事をしている先輩の中には、そういった悩みを乗り超えた経験を持つ方はいるはずです。人生プランをしっかり立てておくためにも、仕事の先駆者に相談に乗ってもらいましょう。もし、今の事業所で働き続けられないと感じたなら、今はしっかり経験を積んでスキルアップし、そのスキルを生かして今より良い働き口へ移ることを考えてみてもよいでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です