勤務時間の調整はなにより大切

男女平等の考え方は年々浸透しており、まだ人数は少ないものの、出世して会社の役職に付く女性も出てきています。しかし妊娠出産の他、介護や家庭の事情等によって、仕事を続ける事が困難になる人も多くいるのが現状です。

そうしたブランクを持つ人の中にはそのまま専業主婦になる人もいますが、出産後に再度働き口を探す人も多くいます。その中でも子供を出産した人が再度仕事を探す場合、今までとは状況が一変します。今までとは違い、育児と家事に加えて仕事も一人でこなさなければなりません。自分の努力だけで完璧にやり遂げるのはとても厳しいです。

ではどうすれば良いのでしょうか。とにかく、周りの信頼できる人に頼るのが一番です。旦那さんに家事を分担してもらったり、両親など時間のある人に子育てや家事を手伝ってもらうだけで時間のやりくりは大分楽になります。そんな人が周りにいないと言う場合は、時間を上手く調節して働く必要があります。派遣やパート等の時間の融通に理解のある雇用形態を選ぶ事がカギになります。

「時間の管理が難しいけど働きたい」という中途半端なきもちでは、すぐに辞めさせられます。お金を貰う以上、自分に与えられた仕事と時間は精いっぱい働く義務があり、それが出来ないのであれば、周囲との摩擦も起きてしまいます。そうして周囲に敵を増やしてしまうくらいなら、自分の出来る範囲で気持ち良く働けたほうが良いに決まっています。家族としっかり話し合いをして、無理なく働ける方法を見つけましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です